建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

座屈拘束技術

【ざくつこうそくぎじゅつ】

地震時の揺れで建物を支える材料が変形しないようにする技術で、現代の制震技術を代表するもの。座屈とは長い棒や柱などが縦方向に圧縮荷重を受けたときに、ある限度を超えると横方向に曲がる現象。「拘束」とは変形を抑制すること。