建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

制震フレーム

【せいしんふれーむ】

制振装置が装備された壁の枠組(フレーム)のこと。筋交いの中に制振ダンパー等の制振装置が組み込まれていることが多い。建物の揺れを抑え、構造体の損傷が軽減されるため繰り返しの地震に有効。免震に比べてコストは安価。民間企業では「制震」を用いることが多いが日本建築学会では正式に「制振」を用いている。