建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

ロックウール

【ろっくうーる】

岩綿(がんめん)ともいい玄武岩、鉄炉スラグなどに石灰などを混合し、高温で溶解し生成される人造鉱物繊維である。建築物などの断熱材や培地として広く用いられるほか、吸音材としても用いられている。耐火性にも優れていることから、アスベストの代替材として広く使われるようになった。主成分は二酸化ケイ素と酸化カルシウムで、単繊維径は3 - 10μm。

関連用語