建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

構造躯体

【こうぞうくたい】

建築基準法施行令第1条3号に規定する構造耐力上主要な部分で、基礎、基礎ぐい、壁、柱、斜材、床版等をいう。建築物の構造体のことで単に躯体ともいう。建築物の骨組みにあたるもっとも重要な部分。