建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

押出法ポリスチレンフォーム

【おしだしほうぽりすちれんふぉーむ】

発泡プラスチック系の断熱材の一つ。ポリスチレン樹脂を原料とした石油製品に発泡剤を混ぜ合わせて板状にした断熱材。発砲させた細かい泡の中に空気などを閉じ込めることによって断熱効果を得ることができる材料で、一般的には繊維系断熱材よりも断熱性能が高いと言われている。ポリスチレンフォームはビーズ法と押出法の2種類あり、押出法は、ビーズ法よりも断熱性、耐圧性、耐候性に優れており、水に強い性質があり、基礎や土台、土間の断熱材にも使われている。

関連用語