建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

応答変位法

【おうとうへんいほう】

建物に外力が加わったとき発生する変位。70年ころからは,沈埋トンネル,石油パイプラインなどの建設に関連し,地中線状構造物の耐震構造化が問題となった。これらの構造物は地上構造物と異なり,地震によって地盤に生ずる相対変位に大きな影響を受けることから道いられるようになった耐震計算法。