建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

壁倍率

【かべばいりつ】

建築基準法で定められた耐力壁の強さを表した数値。耐力壁の仕様によって数値は異なり、壁倍率5が上限値。筋交いを取り付けることによってその壁が通常の壁の何倍の効果を持つかってことを示した数字。「たすき掛け」の筋交いは「けさ掛け」筋交いの2倍の壁倍率ということになる。