建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

耐力壁

【たいりょくへき】

建築物において、地震や風などの水平荷重(横からの力)に抵抗する能力をもつ壁のことを示す。 そうではない壁(構造的に固定されていない壁)は非耐力壁と呼ぶ。代表的な耐力壁は、軸組工法の筋交い。2X4工法では、面材といって構造用合板などが耐力壁として使われる。