建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

高性能グラスウール

【こうせいのうぐらすうーる】

通常のグラスウールよりも細く、繊維径4~5マイクロメートルで製造されている。繊維径を細くすると繊維本数は約4倍に、そして空気室の大きさが約4分の1になるため、より動きにくい空気室の構成が可能となり、さらに高い断熱性能を発揮する。