建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

超親水

【ちょうしんすい】

限りなくゼロに近い接触角をもつ表面の性質を超親水・超親水性と呼ぶ。水と面との界面張力差を極力下げ、超撥水表面と同様に、凹凸を増やすことによって実現できる。二酸化チタン (TiO2) によるものがよく知られている。