建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

ストリップ階段

【すとりっぷかいだん】

骨組みが丸見えの階段のこと。「スケルトン階段」「オープン階段」「シースルー階段」とも呼ばれ、「蹴込み板」がないため上るときに階段の向こう側が見えるようになっている。アルミやスチールの既製品もありますが、施工会社や予算によって、無垢材などを用いて施工現場で造作する場合もある。見通しがきくので開放感があり、観葉植物などを置いて棚のようにも演出できるのが利点です。デメリットとしては階段下収納が取れないこと。