建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

鉄骨ユニット工法

【てっこつゆにっとこうほう】

鉄骨ユニット工法とは、工場で鉄骨住宅のほぼ大半をボックス単位であらかじめ仕上げて、現場で組み立てていく工法である。メリットとしては品質が安定しており、職人の技量に左右されないことや、短い工期で家を完成させることができること。デメリットとしては設計の自由度が低いことや、搬入経路の事前確認が必要。