建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

門型ラーメン工法(構造)

【もんがたらーめんこうほう】

従来だと鉄骨造・鉄筋コンクリート造等を用いるしかなかった大空間・大開口設計を木造建築物でも可能にする工法。構造躯体の一部に門型フレームを組込んで大空間・大開口を確保する工法です。門型フレームの接合部は、専用金物(ラグスクリューボルト)で柱と梁を強固に繋ぐ半剛接合です。様々な性能検証実験を行い筋交いや耐力壁に頼らずともしっかりと建物を支えられることを実証しています。