建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

オープン工法

【おーぷんこうほう】

建築物を建てる際、工務店や職人などだれでもできるように、一般に公開されている構造・工法。建築基準法に定められた公開された技術を使う工法で、具体的には、木造軸組工法、2×4工法、重量鉄骨ラーメン工法、鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート壁式構造、鉄骨鉄筋コンクリート工法などがある。それに対して、ハウスメーカーのプレハブ住宅のように、構造や工法の細かい仕組みが公開されず、第三者は建てることができないものを「クローズド工法」という。