建築用語

広く一般的に使われている建築用語です。

ユニット工法

【ゆにっとこうほう】

工場で生産した箱型のものを、現場で組み立てて建築する住宅の工法のこと。 窓の取り付けや、電気配線、内装なども工場で進めるので、工期が短く、品質や強度に優れているなどのメリットもあるが、敷地の状況によってはユニットの搬入が困難で建築できない場合もある。